SSブログ

ばたふらい [興味ある本]

 今日は本の紹介です。ずいぶん記事を書いていませんでした。仕事に疲れていたり、将来の夢が見えなくて困っている人に是非お勧めします。著者は現役の循環器内科医です。ある病院の循環器内科病棟を中心に、医師や患者、看護師の様々なエピソードを軸にお話が進んでいきます。





 医師や看護師を目指している学生さんは、是非この小説をお読みください。すごく勉強する気が出るはずです。16のエピソードを交えながら登場人物が成長していくのですが、看護師、医師それぞれになりきって読んでいくと、自分の将来の姿が具体的に見えてくるのではないかと思います。循環器の専門用語も出てきます(もちろん解説あり)ので循環器の勉強にもなるでしょう。
 唯一気に入らないところは、循環器の話しか出てこない点で、外科医の私としては大変不満です。よし、私が外科医の話を書くか!と言う感じに元気の出る本です。

 それから、すでに医師や看護師になっている方は、なんとなく過ごしている毎日に、こんなに沢山の心温まるストーリーがあるんだと気付かせてもらえるでしょう。何もないのではなく、気付かないだけでしょう。たぶんですが、ほぼ全てのエピソードが著者の先生の体験談だと思います。小説に出てくる部長先生の話は以下の本に書かれていることでしょう。


医者の不養生―患者となったある医師の奇跡の記録

医者の不養生―患者となったある医師の奇跡の記録

  • 作者: 末次 哲朗
  • 出版社/メーカー: 日本文学館
  • 発売日: 2011/11
  • メディア: 単行本



 この「ばたふらい」は、ペンネームになっていますが、最後にこの本が紹介されていますから、まあいいのかな。

 医療従事者でない方は、日々患者さんのために頑張っているスタッフに直接でなくてもエールを自然に送りたくなるはずです。心温まる16のエピソードを是非堪能ください。

 なぜ「ばたふらい」なのかは最後のエピソードを読むまで分かりませんが、それは読んでのお楽しみです。私は水泳を高校時代にしていたので、あのバタフライのダイナミックな感じを想像していましたが、そうではないようです。

 また、同じ著者のこの本もおすすめです。私は全部持っています。何故全部持っているのかは、ご想像にお任せします。





 きっとこの曲も関係あると私は思ってます。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。