So-net無料ブログ作成

意識障害の評価法 [医学関連]

 救急をやっていると、意識がおかしい人をたくさん診療させて頂きます。一番多いのは酔っ払いです(^.^)。自分も時々酔っぱらいますので、こっちは仕事しているのに〜、良い気分でうらやましいななんて思う事も多いですが、我慢、我慢です。

 どんなものでも、専門家には細かい分類とその重症度が必要です。私にとってAKB48は、そんな人たちがいるんだ、、、で充分ですが、専門家には、名前とか会員番号(おニャン子にはありましたよね。年代が分かっちゃいますね)が非常に重要です。
 こんな例を挙げる必要もなかったかも知れませんが(^.^)、意識障害も専門医にはどのぐらいの重症なのか、何が原因なのかが重要です。

 意識障害の重症度を示す物としてグラスゴー・コーマ・スケールと言うのが世界的には有名です。コーマ(Coma)とは(そんな映画もありましたが)昏睡と言う意味で、重症な意識障害の事を指しますが、この場合には意識障害と言う意味です。あえて日本語に訳せば、グラスゴー大学式意識障害評価指数みたいなものです(グラスゴーが大学の名前だったとは知りませんでした!!)。長くて面倒なので、何でも略すのが得意な日本人は、GCSと言っています。

 詳しくは他の資料を参照して頂ければ幸いですが、目を開けているかどうか、話せるか、手足を動かせるかの3つにそれぞれ最高4点、5点、6点(最低は1点)をつけ、その合計で表します。普通の人は15点満点で、完全に意識がない人は3点です。何故0点にしないのか、、、分かりませんが、きっと考えた人は0点を取って差別された経験があるのでしょう(嘘です)。

 日本には由緒正しい?評価法があります。何と3-3-9度と言うのです。これは古い言い方なのですが、現在でも3-3-9度と言えば通じます。正式にはJapan Coma Scaleです。救急外来でGCS、JCS何て用語が飛び交う場合がありますが、前者はグラスゴーコーマスケール、後者はJapan Coma Scaleです。決してコーヒーダイビングの話をしている訳ではありません。

 最近は、JCSの欠点を補うために、ECS何てものもあるようです。先日のISLSコースで勉強しました。

 ECSのホームページには、練習問題もありますので是非!情けない事に、私は全問不正解でした(+_+)。救急医失格です(^.^)。仕方がないので?AHO式のスケールを作りました。合コンで使ってみましょう!

AHO式合コンスケール(AHO Goukon Scale)

 まず相手に質問します。私は誰ですか?ここはどこか分かりますか?今日は何月ですか?
 自己紹介の後ですので、もちろんKimさんですよね!と言われればたぶん1桁です。頑張りましょう!
 何も反応がなければ2桁以上です。話しかけたり、オヤジギャグを言ったりしてみましょう。それで反応があれば、頑張り続ける事で何とかなるでしょう。
 ここまでで反応がなければあきらめるべきですが、専門家はどのぐらいの重症度か知りたいので、、、、手を握ってみます。もし嫌がられなかったらプライマリーに戻って再評価する必要がありますが、まずないでしょうね。
 嫌がられたら100です。叩かれたら100Fで嫌な顔されたら100Wです。が、一般的には3桁を細かく分類する意義はないです、、、、どちらかと言えば、1桁、2桁の所をもっと分類する必要があるでしょうね。

 GCSやJCS、ECSは、作った時の対象とする患者さんが色々と異なっています。対象とする疾患や重症度、急性期か否か、、、、で色々な指標が必要になると言う事が良く分かったのではないでしょうか?

一桁 脈あり 相手から自発的な声かけ、ボディタッチ、視線が感じられる
 二次会に一緒に行ってくれる、あるいは携帯アドレスゲット!    1
 上記のどちらも認めない                     2
二桁 努力すれば脈あり 刺激により声かけ、ボディタッチ、視線が感じられる
 普通に話しかける事により                    10
 かなり激しい宴会芸により                    20
三桁 あきらめましょう 刺激によって何も得られない
 手を握ろうとしたら払いのける                  100L
 ひじ鉄あるいは顔をしかめる                   100W
 脇を閉めて逃げた                        200F
 固まってしまった                        200E
 全く反応なし                          300

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 2

shiraisi

コーヒーとダイビングの略語と同じなのにはビックリしました。
あと、AHO式 Goukon Scaleには大爆笑です。
早速、友人に教えたい内容です。
by shiraisi (2009-04-14 11:57) 

Kim

shiraisiさん、コメント&nice!ありがとうございます。

私もコーヒーやダイビングにはびっくりしました。ググったら出てきたんでした。

AHO式の色々な指標はこれからもどんどん紹介して行きますので、お楽しみに!!

by Kim (2009-04-14 13:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。